家紋クラブ

戦国武将

片桐且元の紋章と運命の歩み

片桐且元(1556〜1615) 片桐且元の人生と功績 片桐且元は、父の直貞から武士の道を継承し、戦国時代の波瀾万丈な時代を駆け抜けました。父直貞は近江の浅井氏に仕える武将であり、小谷城の戦いでの勇気と忠義が称えられています。且元もまたその家...
戦国武将

戦国武将 宇喜多秀家の家紋とは?オリジナルTシャツで彼の魂を纏おう!

家紋ショップ店長がお届けする、戦国武将 宇喜多秀家の家紋「剣片喰紋、地抜き石餅に児文字紋、島形に児文字、変わり五七桐紋」の魅力を込めたオリジナルTシャツ。伝統のデザインで彼の壮絶な人生と武士の魂を感じてみませんか?日本の歴史に思いを馳せながら、彼の家紋を身に纏いましょう!
戦国武将

戦国武将 北条氏康の家紋とその武闘派魂

北条氏康(1515〜1571) 戦国時代に名を馳せた北条氏康は、その勇敢な武闘派魂と共に、特徴的な家紋にも注目される存在でした。彼の生涯と家紋の由来を通じて、彼の個性とその時代の武家文化を探ってみましょう。 北条氏康の概要とその傑出した武将...
戦国武将

佐々成政とその家紋:武将の誇りと紋章の謎

秀吉に対して最後まで抵抗した【戦国武将 佐々成政】の家紋には、重要な歴史と意味が込められています。「七つ割隅立て四つ目結」と「十三葉の棕櫚」の家紋を身に着けることで、日本の伝統的な美を感じてください。
家紋エトセトラ

家紋の歴史【近代】

明治時代 に入り、西洋化の流れが強くなると、家紋の使用は減少しました。 民間においては継続して使用され、特に冠婚葬祭での正装では家紋を記した着物をまといます。
家紋エトセトラ

家紋の歴史【室町時代/江戸時代】

室町時代 になると家紋は一般庶民にも広く普及ました。商売の屋号の印や家族や氏族のシンボルとして使用されます。ロゴマーク の始まりです。 江戸時代 には将軍家が使用した葵紋や大名家などが使用したさまざまな家紋が誕生しました。 家紋ショップ R...
家紋エトセトラ

家紋の歴史【鎌倉時代】

鎌倉時代、武家や武士の文化が隆盛を迎えました。 武家や武士たちは戦場での識別や家族のシンボルとして家紋を使用します。
家紋エトセトラ

家紋の歴史【平安時代】

家紋の歴史は古く平安時代以前から存在しているとされています。 当時の貴族や武士は、身分や家族の由緒を示すために紋章を使用していました。