家紋の歴史【平安時代】

家紋の歴史は古く平安時代以前から存在しているとされています。
当時の貴族や武士は、身分や家族の由緒を示すために紋章を使用していました。

貴族は身分や家族の由緒を示すために紋章を使用していました。
紋章は、牛車(ぎっしゃ)・武具や馬具などの装備品や衣服の一部に描かれるようになります。
これが家紋の始まりとなります。

家紋ショップ RIVERLAND

コメント